【書評】【感想】100倍の利益を稼ぎ出す多読のすすめ「レバレッジ・リーディング」

未分類

 

こんにちは168です。

 

最近読書を始めたんだけどさ、

 

色々学べて、最高のツールだと思う。

 

色々って具体的に?って言われると困るんだけどね(笑)

 

でも昨日読んだ本に、その色々が書いてあったわけよ。

 

だから今日はその本について書くぜ!

 

題名は

「100倍の利益を稼ぎ出す多読のすすめ「レバレッジ・リーディング」 」

 

ってことで、

今日は自分のアウトプット+書評ということでやっていきます!

 

本はいろんな意味でコスパ最強!!

 

本の最大のメリットは

 

著者一人一人の数十年の、経験や学びが凝縮されていること!

 

これって考えてみたら結構すげーことよ。

 

本来ならば、数十年かけないと手に入らない情報が、

 

1500円+数時間で手に入ってしまう。

 

著者それぞれが成功した道筋を書いてくれてるわけ。

 

価値として十分すぎる代物なんじゃない?

 

本の中では「一冊の本から大体100倍くらいのリターンが見込める」

 

的なことが書いてあったし。

 

この本では「とにかく本をたくさん読むこと」 

 

それを中心として、

 

ネット書店とリアル書店の違い
ハズレの本を避けるための本の選び方
効率よく吸収する効果的な読み方
読書後のフォロー

 

など参考になる部分が多くありました!

 

多読!!!

 

さっきも言いまししたが、

 

この本の中心は「とにかく量を読むこと」です。

 

レビューが高い本を1冊や2冊じゃダメなのと思う人もいると思います。

 

しかし量を読むことの重要な点は

 

広い知見を持つことです

 

1冊や2冊だけだと、少なからず著者の考えに左右されてしまいます。

 

もちろんそういった考えを知っておくのも悪くはないけど、それを絶対に正解だと思い込んでしまうのは良くないってことです。

 

つまり

 

何かについて学びたいと思ったら、その分野の本をとにかく片っ端から全部手に入れて読みまくる。

 

片っ端から手に入れると、当然同じ分野の本だから内容が重複している部分が出てくる。

 

意味ないと思いきや、これにも重要な意味がある。

 

どこの本にでも書いてあるって事から、それが特に重要であると分かる

 

10冊20冊読んでも全部に書いてあるのなら、それは最早「原理・原則」とも言える。

 

1人の著者の考えだけに左右されないためにも「量を読む」という事は重要だ!

 

闇雲に読むのは無駄!

 

ぼくもやりがちな、「買ったら初めから最後までじっくり読む」

 

はあまりよくないらしい。

 

舞かくな目的とか、解決したい問題をもって本を読むのがベスト。

 

関係ない内容だなと思ったら飛ばしていいし、必要かもって思ったところだけ読む。

 

斜め読みもガンガンやる。

 

目的に必要な情報だけが得られれば、それで十分。

 

完ぺき主義を捨てるべし。

 

ってことらしい。

 

確かにななめ読みして必要だと思ったところを重点的に読んだ方が、自分の読む目的とも合致していて吸収率上がりそうだよね。

 

読書後のフォローも!!

 

読書で忘れがちなのは、読み終わった後のフォロー作業。

 

勉強とかでもそうだけど、

 

読んで終わり、が一番もったいない!

 

読んで5分後ならみんな覚えてられるだろうけど、

 

1週間・1ヶ月たったらもうほとんど忘れてるよね。

 

だから読みながらのチェック、読んだ後の振り返りが大事!

 

本の中では、「直接読んだ本に書き込み」をすること推奨している。

 

自分が良い・ためになると思ったところには線を引く。

 

ドッグイヤーをつける。

 

感じたことを書き込みしていく。 

 

そうすると、2回目以降読むときに他の部分を読まなくて済む。

 

ボロボロになるまで使い込んでやっと吸収できるらしい。

 

本に手を加える事に抵抗がある人もいるけど、リターンを想像したら安いものだよ!

 

ってことらしい。

 

自分だけの参考書って感じなのかな。

 

そこに付随して

 

本は自分で買うのが理想らしい。

 

借りものだと汚せないからね。

 

まとめ!

 

今日は書評を行ってきました。

 

実践すればどんどん仕事できるようになりそうだなって思いました。

 

受験勉強してた時も、線引いたり折ってたりしたから

 

絶対効果あると思うな。

 

本を大量に買ったらお金が尽きそうだけど

 

自己投資だと思えば安いのかもね。

 

 

 

 

 

 

 

本は大量に読んでるけど書評にするのが下手クソで、書評記事さぼりがちになってしまう。

おわりん

コメント