【レビュー】『トイ・ストーリー4』と『天気の子』見てきなよ。

映画・漫画レビュー

 

こんにちは168です。

お久しぶりの投稿です。

 

長い間投稿が出来なくてすいませんでした!!!orz

 

言い訳じゃないんですけど、4~7月は大学の授業が忙しくてあんまり書ける暇がありませんでした。

けどリズムや体調を崩して、無理しながら書くのは自分のスタンスとは違うなと思い、休んでました。ほんとにごめんなさい!!!

 

 

まあこんな日記系ブログなので、需要は無いに等しいんですけどね笑笑

 

 

8月6日から夏休みに入ったので、夏休み期間中は更新できると思うので、みなさんよろしくお願いします!!(ぬるりとやっていきます!!)

 

で、何を書こうかなと思ったんですけど、昨日久しぶりに映画を見てきたので、そのレビューでもしようかなと思います。

ではお付き合いください~~

 

 

『天気の子』見てきた!!

(C)2019「天気の子」製作委員会

2019年7月19日公開の『天気の子』を見てきました。

 

あらすじ

地元の離島から家出をして東京へ来た主人公の「帆高」。
東京で生き抜くと決め、怪奇現象を追う編集部に転がり込む。
そんな生活の中で、一人の少女「陽菜」と出会う。
陽菜は天気を操ることができる特別な力の持ち主だった。
2人は、天気を操り多くの人の願いに答えていった。
しかし、東京の空に異変が起こり始める。
東京の空と陽菜……、帆高は大きな選択を迫られる。

 

この映画の監督は、2016年に大ヒットした『君の名は。』と同じ新海誠監督なので、
期待値MAXXXXの状態でした。

 

しかし、映画を見た直近の感想は、「お、おおぅ。」って感じ。

正直、『君の名は。』を見た直後のスッゲェーー!!っていう感動は起きませんでした。

 

 

本編を通して伝えられているのは、

 

16歳という若い年齢である帆高の願い・行動・選択の危なっかしさ

そんな帆高を見て、感化される大人たち

正しい事と必要なことの優先順位とは

 

などであると感じました。

 

(C)2019「天気の子」製作委員会

 

一言で言うなら「伝わりにくい良さ」って感じですね。

考えさせられる部分が多いと思います。

 

同じ監督であるがゆえに、どうしても『君の名は。』と比べてしまうと疾走感や爽快感が無い作品という見方をされがちであると思います。

例えるなら「快晴の空」ではなく「少し寂しい曇り空」って感じですかね。

(C)2019「天気の子」製作委員会

 

 

しかし、相変わらずの映像美とRADの音楽の入れ方は最高ですね。

空の上の空間は、中二心をくすぐられましたね。笑

(C)2019「天気の子」製作委員会

 

 

 

 

 

『トイ・ストーリー4』見てきた!!(ネタバレあり)

 

(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

2019年7月12日公開の『トイ・ストーリー4』を見てきました。

 

あらすじ

新しい持ち主であるボニーは新しく幼稚園に入学することになる。
しかしすぐには馴染めず、自分の友達として、先割れスプーンで新たなおもちゃ「フォーキー」を作り、フォーキーはボニーの一番のおもちゃになった。
ある日、ボニーとおもちゃ達はキャンプに出掛けるが、アクシデントや企みによって、フォーキーはアンティークショップに捕らえられてしまう。
一方、公園へ運ばれたウッディは、かつての仲間「ボー・ピープ」と再会する。
ウッディはボー達と協力して、フォーキーを助けに向かう。

 

自分はトイ・ストーリーに特別詳しいわけでもなく、なんとなーくキャラを知っている程度でしたが、そんな自分でも面白いと感じる作品でした。

 

中々遊んでもらえないウッディが可哀そうだと感じさせたり

すぐゴミ箱に入ろうとするフォーキー止めるため、付きっ切りで世話をするウッディに笑えたり

悪役が実は悲しい願いを持っていたり

 

子供にも分かりやすい表現でストーリーやシーンが描かれていました。

 

中盤で登場するボーはめっちゃカッコよかったっす!!!

(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

正直ウッディより全然頼りがいがあるキャラでした(笑)

ボーはトイ・ストーリー3で急に出てこなくなったキャラなので、久しぶりに姿が見れて胸アツでしたね笑笑

あんなかわいらしいボーがこんなにかっこよくなるなんてなぁ

(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 

 

今回の映画で一番衝撃的だったのは、ウッディがバズや今までの仲間から離れて、ボーと一緒に野良おもちゃで生きていくことに決めたシーンですね。

自分的には、ウッディが恋人を選んだことにかっこよさを感じましたが、今までのトイ・ストーリーシリーズが大好きな人にとっては、バズたちと別れる終わり方に納得がいかないかもしれません。

賛否両論なエンドシーンなのかなぁ と思います。

 

 

 

まとめ!! 

今回はゆったり映画レビューをしました。

 

思うんだけどさ、映画って安いよね。

映画って大体1500円くらいするけど、損したなーって思うことそんなにないんだよなぁ

 

また暇があれば見てレビューしたいと思います!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

記事の書き方忘れたわ 

おわり

コメント